SHURE SE846-BLU+BT2-A は紛うことなき最強のワイヤレスイヤホンである

ワイヤレスイヤホン SHURE SE846-BLU+BT2-A を購入してからというもの、毎日が楽しくなりました。

購入までの経緯

オーディオ機器は、最初は安価なものから買い始めて、そこで沼に嵌ると徐々にステップアップしていくものだと思います。しかし、オーディオの世界の相場は青天井であり、上を見ればきりがありません。大抵は自分の懐事情と相談しながらどこかの価格帯で妥協することになるでしょう。

そんな中、アンプやスピーカーに比べてワイヤレスイヤホンはその天井が低く、それなりのビジネスパーソンであればじゅうぶんに手が届くであろう価格帯なのです。特にワイヤレスイヤホンは、毎日の通勤、休日の外出、自宅でのひととき等、生活のあらゆる場面で使用します。職種によっては、業務中にオフィスで音楽を聴いている方もいるでしょう。実は私もワイヤレスイヤホンで音楽を聴きながらオフィスで仕事をしています。生活への密着度という意味では、使用時間を価格で割った場合、極めてコストパフォーマンスの高いオーディオ製品といえるでしょう。まさに、音楽好きの人にとっては、生活の質、ひいては人生の質を上げる存在といっても過言ではないでしょう。

さて、そんな人生の質を上げるであろうワイヤレスイヤホンの青天井たる存在としては、SHURE SE846 と Bluetooth ワイヤレスイヤホンケーブル RMCE-BT2 がセットになった SE846 でしょう。

製品の色によって 4 つの型番があります。

  • SHURE SE846-BLU+BT2-A
  • SHURE SE846-BNZ+BT2-A
  • SHURE SE846-CL+BT2-A
  • SHURE SE846-K+BT2-A

そして、私が購入した時のその価格は、税込 107,780 円でした。

この価格、高いと思いますでしょうか?

高級スピーカーだと数十万円、100万円を超える三桁万円ものも多数あります。アンプも同様ですし、屋内用の有線ヘッドホンでも数十万円のものはざらにあります。さらにこれらは、自宅にいる時にしか使えません。多忙なビジネスパーソンは、自宅にいる時間よりも自宅外にいる時間が多いでしょう。

そんな中、自宅内でも自宅外でも使えるワイヤレスイヤホンの最高峰が 11 万円もあれば手に入るのです。徐々にステップアップするよりも、もう一気に最高峰までショートカットするほうが、ワイヤレスイヤホンに掛ける総額も抑えられるのではないでしょうか。音楽好きのビジネスパーソンなら、結局いずれはこの価格帯まで到達するでしょうし。

これは、下見で店舗に通うこと数回、オーディオ製品のフロアをうろうろと無意味に回りながら、SHURE のブースを怪しく行き来し、悩みに悩んで製品カードを手に取りレジに行き、震える手で「こ、これお願いします…」と差し出す際に、自分自身に言い聞かせるために考えていたことです。だって、11 万円のイヤホンですよ(笑)

開封

MacBook Pro 15 インチとの比較です。外箱は結構大きいです。

外箱の横には Made for iPhone | iPad の記載があります。iPhone と Bluetooth で安心して接続できます。

外箱の中にも立派な箱です。

箱を開くと、こんな感じです。

イヤーピースはいろんな種類が付属しています。私はデフォルトで装着されているイヤーピースが好みです。

ボリューム等、操作系のボタンは右側に付いています。バッテリーパックは前面に垂らす感じです。ポケットがある服や襟が開く服の場合は引っ掛けることができますが、そうでない服の場合はちょっと取り回しが難しいです。なお、Bluetooth のワイヤレスレシーバーは RMCE-BT2 として別売されています。

ブルーに輝くイヤホン本体の R と L の裏側に SE846 と刻印がされています。

イヤホン本体の表面には SHURE と刻印されています。

バッテリーパックの裏側にはクリップが付いています。このクリップは結構固い上に隙間があまりありません。そのため、厚めの生地には引っ掛けにくいと感じます。

RMCE-BT2 は、

  • aptX
  • aptX HD
  • aptX Low Latency
  • SBC
  • AAC

をサポートしています。AAC をサポートしているため、iPhone との相性は最高です。

The Shure Bluetooth earphones, BT2, quick start guide.…

所感

良いところ

音質をレビューできるほど高尚な耳は持ち合わせていないのですが、音質については申し分ありません。解像度や音の伸び、適度な低音など。特に、繊細な女性ボーカルを気持ちよく聴くことができます。さすが BA ドライバーが 4 つも搭載されているだけあります。通勤電車という劣悪な環境であっても、その音質の良さを確実に実感できるでしょう。

通勤電車内であっても遮音性は問題ありません。私としてはノイズキャンセリングは必要無い感じです。イヤーパッドもたくさんの種類が付属しているため、自分に合うものが 1 つはあるでしょう。

良くないところ

本質的なところではないのですが、Bluetooth ワイヤレスケーブル RMCE-BT2 の取り回しです。1 つ前のモデル RMCE-BT1 はバッテリーパックが背面にまわる形になっており、イヤホンを耳から外した際にイヤホンを肩に掛けることができます。一方で RMCE-BT2 はバッテリーパックが前面に位置することになり、イヤホンを耳から外した際にイヤホンを肩に掛けることができなくなります。バッテリーパックもイヤホン本体もすべて前面に位置するため、耳からイヤホンを外すとイヤホンがそのまま前面に落ちてしまうんですよね。RMCE-BT2 もバッテリーパックを背面にまわすことはできるのですが、ちょっと取り回しが悪いですし、固定の仕方も面倒です。この 1 点のみが製品トータルとして残念なところです。